知的資産経営方法 会社設立方法 事業承継方法 滋賀県の行政書士 谷田良樹事務所

御社の問題、経営者の悩みを解決いたします。人材、技術、組織力、顧客とのコミュニケーションの力UP、商品のブランド化など知的資産の運用方法をお手伝い。

会社設立のお手伝い、
各種契約書の作成など経営に関わる法務を担当いたします。
特殊な案件お任せください!当事務所へよせられる案件は特殊な案件が多いです。

事業承継

トータルサポート

業務内容
起業/会社設立(法人化)
知的資産経営支援
事業継承
各種書類の作成
谷田良樹のプロフィール
インフォメーション
事務所案内
アクセス
お問い合わせ
ネットワーク
滋賀県の行政書士 〜たにやんの知的資産経営ノート〜
FaceBook
 
PAGE TOP

大切に続けてきた事業を次の世代へ引き継ぐ

  • 承継のポイント
  • 誰に承継?
  • 承継方法

承継のポイント

これまでの経験を踏まえ、事業承継がスムーズに進み、成功するための当事務所が考えるポイントをご説明いたします。

point1point_01

「事業承継をそろそろ」とお考えの方でも、 最初の一歩をどこから踏み出すかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

私としては、まず「いつ事業承継をするか」を決めていただきたいと思います。

3年、5年、10年はたまた15年先か、
事業状況によって変わってはきますが、
最初に「何年」と時期を決め、それを引き継ぐ方や関係者に話してこそ、
後継者も経営者自らも「覚悟」することができます。

いつやるか
point2point_01

事業承継というと、一般には相続税(お金)や事業用資産・株式(モノ)の引き継ぎの問題と 思われている方が多いそうです。

しかし、いま行っておられる事業を振り返ってみてください。事業を成り立たせているのは、お金やモノだけではありません。

人材、技術・ノウハウ、永年築いてきた信用、ネットワークなど、決算書等には載らないような事業の「たから」があるはずです。

それらの「たから」を知的資産と呼んでいます。

お金やモノの承継だけでなく、知的資産を承継してこそ、成功したと言える事業承継になると信じています。

モノの承継

  1. 1.事業用資産の承継
  2. 2.株をどのように承継するか
  3. 3.事業承継に必要な資金の確保
図1
+マーク

知的資産の承継

人材、技術・ノウハウ、組織力の他、信用力、長年築いてきた横との繋がり、アライアンス、協力体制など、知的資産の承継を行う事が最重要事項であると考えております。

図2のイラスト
図2
point3point_01

お金・モノの承継では、まず何があるか、誰の名義になっているか整理することが大切です。
また経営者の個人名義なのか、会社(法人)名義なのかによっても承継する方法が変わってきます。

なお、負債(借金)もまた承継されることに注意が必要です。
これは「覚悟」の問題でもありますが、具体的に承継の計画を立てる際には、借りている金融機関などの協力も 必要な場合があります。

point4point_01
mondai

事業の承継について、後継者と面と向かって話すことは、お互いの気持ちの問題やこれまでしていなかったが故に、難しいこともあると思います。

kaiketsu

その際は、 経営者・後継者ともに信頼している者や、 客観的に見られる全くの第三者(士業専門家など)に間に入ってもらって、 それぞれに気持ちや今後の方向性などを出す、というのも一つの方法です。

まずは、行政書士 谷田良樹事務所にご相談ください!全力で応援しております! TEL 0748-34-3885

受付時間 9:00〜20:00(年中無休)

メールでのお問い合わせ